Google Chromebook 6つの購入すべきデメリット

Sponsored Link

 

今、注目されているChromeOSを搭載したGoogle Chromebook。

多くの記事でChromebookのメリットが紹介されています。

もちろん、僕もChromebookのメリットをご紹介しました。

toshiba_chromebook

北米で発売中の

東芝

Chromebook

 

 

今回はあまり語りたがらないデメリットについて紹介します。

 

1.プライバシーに対する不安

多くのChromebookのストレージが16Gbや32Gbなので

データの保存先がクラウドを推奨しています。

故に、Googleがその中身を見ることも可能なので、プライバシー上の不安があります。

実際Gmailはそのメールの内容はGoogleがチェックし、その内容に即した広告を表示しています。

あり得ないとは思いますが、Chromebook内のデータの内容を

すべてGoogleに見られる可能性があります。

 

2.クラウドへの依存度が高い

SDカードへの保存もすることは出来ますが、主な保存先はクラウドサービスを推奨しています。

クラウドへの依存度高いのは、大きなデメリットです。

 

3.インターネットの接続が必要

上記のように、保存先がクラウドにということになると、

インターネットの接続がなければ、保存できないと言うことになります。

また、画像編集ツール等オフラインでは利用できないソフトもあります。

また。多くの無料のソフトには、個人情報の開示を求めるものもありますので、

Chromebook内の情報が漏洩する可能性もあります。

 

4.Windows・Macのソフトが利用できない

メリットでも紹介しましたが、Chromebookでは多くのソフトが無料で提供されています。

代替アプリはたくさんありますが、Photoshop Skype iTunesなどの

Windows・Macのソフトは利用ができません。

Officeに関しては、最近一部のタブレット等で無料公開との情報がありますが、

Chromebookに搭載できるかどうかは、まだ不明です。

 

5.プリンターに直接接続が不可能!

USBポートに直接プリンターを接続しても印刷することは出来ません。

でもこれは印刷できないと言うことではなく、

Googleクラウドプリントを利用して印刷が出来るようになります。

Googleクラウドプリントを利用するためには、

Googleのアカウントが必要で、また簡単ではありますが、設定が必要です。

初めてパソコンを使う方にはちょっとハードルが高いかも知れません。

つまりこれも、印刷する内容を1度Googleのサーバーを通すということで、

情報漏洩の可能性もないとはいえません。

 

6.CD/DVD/BDドライブがない

これはここ最近のノートブックでは良くある仕様ですが、

USBのDVDドライブ等も使えないと言うことです。

なので、映画等を見たい時は、ストリーミングサービスを利用して試聴することになります。

しかし、USBのハードディスクに動画のデータがある場合、

mp4形式の動画は再生できるようです。

 

このようにみてみると、

セキュリティを気にする方や、初めてパソコンを利用する方には

Chromebookは不向きなものとなるのではと思います。

また、Adobe製品等特殊なソフトを利用したい方にも、Chromebookは不向きなものです。

しかし、2台目3台目としては、

価格も安いので便利かもしれません。

Sponsored link

あわせて読みたい関連記事

One Response to “Google Chromebook 6つの購入すべきデメリット”

  1. 稲見 より:

    Acer C720ではUSB接続のLogitec製BD/DVDドライブを使うことができます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ