ミノキシジル(Minoxidil)とは

Sponsored Link

ミノキシジル(Minoxidil)とは

ミノキシジル(Minoxidil)とは、血圧降下剤として開発された薬剤で、後に副作用として発毛作用があるとわかり、発毛剤として世に出ることになりました。日本では、リアップという商品として有名ですが、日本以外では、ロゲイン(Rogaine)という商品名として発売されています。発毛のメカニズムは、いまだはっきりとはされてはいないけれども、毛乳頭細胞や毛母細胞がミノキシジルによって、活性化されるからだといわれています。
同じはげ治療薬であるフィナステリド、商品名でいうとプロペシアとの組み合わせにより、それぞれの発毛効果がより高められるといわれています。日本において、「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんが、スカルプDのシャンプーではげが改善されたと有名になりましたが、実はこのミノキシジルとプロペシアの薬剤を同時に使用していたのは、有名な話で、多くの薄毛の人がこの薬剤によって、はげから脱出を図りました。

ミノキシジル(Minoxidil)の副作用

ミノキシジルには、内服薬と外用薬があり、内服薬のミノキシジルには、多毛症という副作用があります。頭だけではなく、体全体の毛が濃くなるという症状が現れます。腕の毛やすね毛などが明らかに濃くなるのが分かります。しかし、ミノキシジルの効果は、その使用中に現れますが、ミノキシジルの使用を突然やめると、その効果もなくなります。ですから、突然使用を中止するのではなく、段階を追ってミノキシジルの量を減らすことによって、その効果を持続することが可能です。
また、ミノキシジルは、血圧降下剤として開発されていますので、多量のミノキシジルの摂取は、低血圧の原因にもなりますので、注意してください。ミノキシジルの外用薬の副作用としては、頭皮の痒みがあります。痒みが出た場合には、使用を控えることが大切です。

ミノキシジル(Minoxidil)含有の発毛剤

ミノキシジル(Minoxidil)含有の発毛剤は、リアップやロゲインだけではありません。ロゲインの製造方法の特許が切れたために、ジェネリックのロゲインがでており、ロゲインに比べ比較的安価でミノキシジルを含む発毛剤を手に入れることが出来るようになりました。カークランド社が製造しているミノキシジルが5%含まれている育毛剤などが有名です。

kirkland5

日本で発売されているリアップは、1本約7000円、ロゲインでも4000円ほどしますが、このカークランド製のロゲインは1本当たり1000円程度で購入することが出来ます。

カークランドロゲインの購入はこちら

 

Sponsored link

あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ